借金を踏み倒したという話を聞くこともあるかもしれませんが、本当にそんなことは可能なのでしょうか? 結論からいうと、不可能です。 もし、これが可能だったら、借金をしても返済しなくてもいいことになってしまいます。 あの手この手で相手も必死に回収しようとしてくるので、逃げたとしてもみなさんが思っている以上に簡単に見つかると思ってください。 そのため、お金が無くて返済できないという場合に、逃げるという選択肢は通用しません。 そして、返済をせずに逃げてしまうと裁判に発展してしまい、さらに大変な事態を招くことになります。 逃げれば借金を踏み倒せると思っている人もいますが、世の中そんなに都合よくできていません。 借りたものはきちんと返すというのが、この世の中のルールなのです。 踏み倒そうとするくらいなら、銀行や消費者金融にきちんと理由を話して、返済を待ってもらったり、金利を安くしてもらったり、毎月の返済額を下げてもらえるように相談する方がよほど現実的です。 また、自分ではどうすることもできない場合は、弁護士に相談するという方法もあります。